京都サンガの吉野恭平がした差別的発言の内容とは?


こんにちは!

京都サンガの吉野恭平さんが差別的発言をしたとして

日本サッカー協会から処分をされ話題になっていますね!

そんな差別発言の内容とはどのようなものだったのかわかる範囲で

みなさんと情報を共有したいと思います!!

スポンサーリンク

差別的発言はいつした?

6月21日に行われた天皇杯アルスクラロ新津戦の

試合の最中と試合の後において、相手選手に対して差別的な

発言をしたことを日本サッカー協会が確認しています。

処分の内容は?

出場停止3試合及び罰金15万円

という処分内容なのですが、

さらに京都サンガからも減給及び社会奉仕活動への参加を命じられています。

私もサッカーの経験者ですが、

プレー中はやはり熱くなってしまうことは多々ありましたね。

日本サッカー協会では差別的な発言に対しては

5試合の出場停止と罰金25万円を基準としているようですが、

吉野恭平選手が発言に対して深く反省していて、

日頃から差別発言をしていないことなどが考慮され、

処分が軽減されたようですね。

これってどうなんでしょう?

個人的にはプロのスポーツマンとしてしっかりと

適切な処分を受けさせるべきかと思いますが、、、

スポンサーリンク

差別的発言の内容とは?

では、問題の差別的発言とはどのような内容だったのでしょうか?

残念ながら現在はっきりとした発言内容は公開されていません。

個人的に差別発言といえば黒人?というイメージがあったので

アルスクラロ新津の選手リストを見てきましたが、

スタッフ及び選手共に外国人選手は1人もいませんでした。

まず選手リストを見てびっくりしたのが

ゴン中山が選手として所属していたことですw

んーと、引退しなかったっけ?(笑)

話がそれましたが外国人関係の差別的発言ではないですね。

よく調べてみると複数の選手に対して発言したという情報があるみたいですね。

このことから個人的な意見にはなりますが少し考察して行こうと思います。

調べたのですがアルスクラロ新津はJ3のチームで

京都サンガはJ2のチームなんです、

で!この試合どっちが勝ったかというと、、、

アルスクラロ新津が勝っているんです!

この悔しさから恐らく吉野恭平選手は、

J3のくせに、、、的な発言をしたのではないでしょうか?

最後に

差別的発言の内容は現在公開されていないが、

複数選手に対しての発言ということがわかっています。

先日もボールボーイに対してに態度について話題になったばかりです。

プレー中に熱くなってしまうのはよくわかるのですが、

もっとプロスポーツ選手としての品格を持ってほしいですね!

それでは!!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする