北海道でクワガタとカブトムシが採集できる時期と場所4選!

北海道でクワガタとカブトムシが採集できる時期と場所4選!

 

 

北海道でクワガタの採集をするならば、どのくらいの時期から採集を行うのがいいかご存知ですか?

もちろん高確率でクワガタを採取するには場所も重要になってきます。

今回は採集できる時期とおすすめの場所を紹介していきますね!

 

北海道でクワガタとカブトムシ採集できる時期

 

北海道でクワガタが採集できる時期ですが、皆さんのイメージとおおよそ違いないと思います。

地域によって誤差はありますが、7月中旬から8月中旬が最盛期ですね。

 

ちなみにカブトムシに関しては、ちょっとずれて8月下旬から9月上旬が最盛期です。

ちなみに私は道東の足寄町で6月初旬のまだ肌寒い日でしたが街灯の下で写真のミヤマクワガタのペアを採集したことがありますよ!

 

 

この時期のこの気温でもミヤマクワガタが取れるのかと感動したのが記憶に新しいです。

サイズもなかなかだったのでクワガタ採集が待ちきれないという方は6月初旬から積極的に採集に出かけてみると案外見つけることができるかもしれませんよ!

 

北海道でクワガタとカブトムシが採集できる場所

 

クワガタが採集できる場所は皆さんが一番知りたい所だと思いますが、結論から言うとクワガタは木のあるところで条件が揃っていれば案外どこにでもいます。

残念ながらこの場所のこのポイント!という細かい所は乱獲や荒らしを防ぐためにお伝えすることができませんが、クワガタ採集ができることで有名な場所を紹介していきますね。

野幌森林公園

 

 

札幌近郊でクワガタ・カブトムシに精通している人であれば口を揃えて言うのがこの野幌森林公園です。

ただし、有名なだけあって当然クワガタ目当てのライバルが多いです。

クワガタが全然見つからず採集できなかったとの声もありますが、こちらは探し方の問題かライバルに先を越されてしまった可能性が少なからずあるでしょう。

私の知り合いの情報ですが、野幌森林公園の付近にはキャンプ場があり、そこで夜トラップをしかけたところクワガタはもちろんカブトムシも取れたそうです。

Advertisement

札幌市南区

 

 

こちらも有名かと思います。

南区は木が多いですよね!木の多いところはクワガタもやはり多いです。

南区の中でもよく採集ができるのが定山渓ですね。

コンビニやパーキングエリアなどによく死骸が落ちています。

 

ちなみに某ホテルの屋外プールにもカブトムシの死骸が浮いているのを目撃したことがありますよ。

 

ただし、定山渓には熊が出ると言い伝えられているので森の深い所へ入り込むことはおすすめしません。

定山渓に限らず南区内の真駒内、滝野、藤野でもよくクワガタが採集できるようですので探してみてください。

クワガタのよくいる条件とも合っている定山渓ダム、豊平峡ダムなんかも穴場でオススメです。

 

↓下の記事ではクワガタとカブトムシの採集確率をグッと上げる3つの条件をまとめています。↓

https://kabukuwauniv.com/knowhow/jyouken/

厚沢部町(あっさぶ)

 

厚沢部町はマニアの中では知らない方はいないと思いますが、初めて聞く方もいらっしゃると思います。

ちなみに厚沢部町の公式ホームページでは「クワガタの里」として紹介されています。

なぜこちらの厚沢部町をあげたかというと、オオクワガタが採集できるんです!

私は北海道でオオクワガタが採集できることに衝撃を受けましたね。

その証拠に2017年7月に厚沢部町で64ミリのオオクワガタが採集され、その個体が1万9800円の値段で道の駅で販売されました。

ロマンを求めて採集を行いたい方はぜひとも厚沢部町でクワガタを探してみてはいかがでしょうか。

 

支笏湖周辺

 

 

支笏湖周辺にはクワガタがうじゃうじゃいますね。

支笏湖にある宿泊施設も「クワガタの宝庫」と名言しています。

以前支笏湖産のオオクワガタが出回ったこともあるようですが、真偽のほどは定かではありません。

支笏湖にはキャンプ場もあるので泊りがけで採集に出かけてもいいですね。

もちろんカブトムシの採集報告もありますよ!

 

採集にあたってのルール

 

樹皮のめくれを無理やり剥がしたり木の洞(うろ)を破壊してはいけません。

次にそこへやってくるクワガタの居場所が無くなり、個体数が減ってしまいます。

木にもダメージを与えてしまうので樹液が出なくなる恐れや枯れてしまうこともあります。

 

採集して持ち帰るのは責任を持って飼育できる数だけ。

よくお子さんなんかは採集したクワガタとカブトムシをすべて持ち帰りたがります。

すべて持ち帰ってクワガタとカブトムシは喧嘩をしますのでストレスの原因となり早く死んでしまいます。

採集した中での最大サイズの個体を持ち帰る等を行ってください。

 

ゴミはしっかり持ち帰りましょう。

採集に使用したトラップやペットボトルお菓子の袋などは生態系に悪影響が出ないように必ず持ち帰りましょう。

 

まとめ

 

北海道でクワガタが採集できる時期は、7月中旬から8月中旬。

採集できる場所に関しては、条件さえ整えば木のあるところには案外どこにでもいます。

有名な場所は野幌森林公園や定山渓です。

他にもたくさんクワガタが採集できるところがあるのですが、乱獲等により生態系に関わる恐れがありますので以上4選とさせて頂きました。

みなさんもこの夏、ルールを守り楽しいクワガタ・カブトムシ採集を行ってくださいね!


クワガタ・カブトムシカテゴリの最新記事