雪崩で心肺停止になるのはなぜ?3つ原因を紹介!


こんにちは!

3月27日に栃木県那須町湯本の

那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生し、

生徒と教諭が巻き込まれて亡くなってしまった

というニュースを見ました。

非常に辛いニュースですね。

私自身、雪崩で心肺停止なる理由がわからなかったため

理由を調べてみましたので紹介しますね!

スポンサーリンク

雪崩で心肺停止になる3つの原因

外傷

雪崩が起きて雪に流されている時に

岩や木などに衝突することで頭や体を強く打ち、

即死や数時間後に心肺停止してしまうパターンです。

また怪我による失血も原因の1つのようです。

窒息

まずは崩が起きて雪に流されている時に

雪が口や鼻の中に入り込み

呼吸困難になってしまうパターンです。

窒息状態になると約1分〜2分程度で気を失い、

数十分で心肺停止に陥ってしまうそうです。

次に、雪に埋まってしまった時に

吐き出した息によりまわりの雪が溶けて固まってしまい

酸素の透過率が悪くなり二酸化炭素が蓄積してしまい

呼吸困難になってしまうパターン。

最後に、雪の重みで圧迫され呼吸が出来なくなってしまう

というようなことも原因の1つとなっています。

低体温

雪崩が起きて雪に流され、

そのまま長い時間雪の中に閉じ込められた状態でいると

体温が32度を下回り仮死状態となって、

心肺停止に陥ってしまうそうです。

おおよその目安時間は90分といわれています!

スポンサーリンク

雪崩が起きた時の対処法

もし雪崩に巻き込まれてしまったときは、

まずは流れが止まる前にできるだけ

雪の中を泳いで浮上すること。

これをするだけで深くに埋まってしまうことを防ぎます。

そして、流れが止まりそうになったら

口や鼻を腕などで覆うことです!

口や鼻を覆うことで中に雪が入り込むのを防ぎます!

それと同時に雪に埋まってしまった時には

手を動かすことでエアポケットという空洞を作ることがで

呼吸ができるようになります。

また、腕に限らず体全体を使って少しでも多くの隙間を作ることで

生存のチャンスが生まれるそうです。

最後に

雪崩のニュースは今回だけではなく、

過去にも他のスキー場で起きていたのを見たことがあります。

決して他人事ではなく、いつ自分の身にこのような事故がふりかかるか

わからないので身の回りのリスク管理をしっかりしたいですね。

また、あまりにも雪の多い日はそういう場所には

行かないというのが一番の対策だと思います。

今回の雪崩事故で亡くなられた8名のご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする